AGAに悩む大学生は○人に1人の割合!?

1億2000万人いる日本人の中で、現在では約4,000万人もの人がAGAに悩んでいるという統計結果があります。実に3人に1人!。この数字は男性だけではなく、女性も最近は薄毛に悩む人が多くなっているためですが、若年層のAGAの悩みも増えてきているのだとか。

中でも大学生のAGAの悩みが増えています

食生活や生活習慣の乱れ、学業や人間関係によるストレスなどが原因と言われていますが、何よりも昔よりも男性の美意識が上がっていることから薄毛を気にする人が増えてきたというのも大きな原因かもしれません。

 

大学生の○人に1人が薄毛で悩んでる

さて本題に入りますが、大学生の何人に1人が薄毛に悩んでいるのでしょう?大学生を対象にしたデータは無いので、10代20代がどのくらいの割合で薄毛に悩んでいるかデータを見てみると・・・

10代(15〜19歳):10.5%
20代(20〜29歳):25.8%

参照:リーブ21「2013年「頭髪悩み度」調査発表」

大学生の年齢層は浪人や留年も含めると、18〜24歳ぐらいになります。薄毛の悩みは年齢が上がるほど増えるので、10代と20代の中間の数字になるはず。単純に足して2で割ると、18.15%になりますが、大学生は20代前半なのでどちらかといえば10代に近い数字になるはず。なので大学生がAGAで悩んでいる割合は13〜16%と推測されます。つまり・・・

大学生の7人に1人

が薄毛で悩んでいると考えられます。

 

AGAで悩んでいる大学生って本当にそんなに多いの?

さて、あなたの周りであなた以外にAGAで悩んでいる大学生はいるでしょうか?まあ知り合いが7人しかいなかったら、あなたがそのうちの1人なので他にいないと思いますが、さすがにそんなことは無いでしょう。仲いいかどうかは別にして、クラス、バイト先、サークルなど数十人は大学生の知り合いがいるはずです。ですが薄毛で悩んでそうな人っていないと思いませんか?

 

薄毛で悩んでいる人は髪型で上手く誤魔化している

そう、薄毛で悩んでいる人は上手く髪型で誤魔化しているので、ぱっと見はそれほど薄毛で悩んでいるようには見えません。それでも実は悩んでいる大学生は意外と多いのです。また、薄毛で悩んでいる大学生が目立たないのはもう一つ理由があります。

 

本当に信頼できるヤツにしか相談できない

自分が薄毛で悩んでいることを相談出来る相手ってなかなかいません。下手なヤツに相談したら、自分が薄毛だっていう事実がバレてしまい、たちまち大学中に広まってしまい、翌日からあだ名は「ハゲ」とか「AGA」とかになってしまいます。例え親友だとしても、誰かがハゲっていう秘密を守れる人間はなかなかいません。みんなそれがわかってるので、うかつに誰にも相談できないのです。

 

大学生が出来るAGA対策といえば・・・

大学生が潤沢とは言えない経済力で出来るAGA対策で真っ先に思いつくのが育毛剤。

ただ育毛剤もちゃんと知識を持って使わないと意味がないどころか逆効果になってしまいます。

 

突然ですがここで・・・ 育毛剤クイズ!

さてここでは育毛剤について、あなたがどこまで正しい知識を持っているかを試したいと思います。クイズは全部で4問。何問答えられるかな〜

問1:育毛剤はシャンプーした後が効果的。○か×か?
?

シャンプーをして余計な皮脂を取り除いてから育毛剤を使うのが効果的。シャンプーの後、8割がた頭を乾かしてから育毛剤を使用するのがコツです。

この問題は簡単でしたね。まだまだ序の口です。

 

問2:朝も朝シャンの後、育毛剤を使ったほうがいい。○か×か?
?
×
朝のシャンプーはAGA対策には禁物!なぜなら皮脂が取れた状態で日光に当たると頭皮を刺激してダメージが大きい。また皮脂を取りすぎるからシャンプーは一日一回がいいが、夜、シャンプーせずに寝るのは劣化した皮脂による頭皮のダメージがあるのでこれもダメ。ってことでシャンプーは一日一回、夜に行うことが必須です。そして朝の育毛剤はシャンプーせずに使用しましょう。

 

問3:市販されている育毛剤は全ての商品で発毛効果が国から認められている。○か×か?
?
×
ぶっちゃけ販売されている育毛剤のほとんどがビミョーな感じ。有名どころではリアップのシリーズだけが厚生労働省から医薬品として認められています。BUBKAチャップアップなど、他のネット広告でよく見る育毛剤はすべて医薬部外品。医薬部外品って聞くといいんじゃね?って思うかも知れないけど、効果効能を訴求したら薬事法違反になっちゃう。つまりリアップの広告には「毛が生える!」って書いていいけど、チャップアップの広告には「毛が生える!」ってはっきり書いちゃダメ。それを踏まえた上でHPを見てみると、はっきりとは書かず、うまい表現だなぁ〜って感心するでしょう(笑)。

 

問4:じゃあ医薬品のリアップを使っておけばいいってこと?○か×か?
?
×
先ほども書いたとおりリアップは医薬品です。効果は高いけど、反面副作用がある場合がある。効果が薄い分BUBKAチャップアップは副作用が少ないが、効果が「薄い」ってのは笑えない・・・

 

結局のところどうすりゃいいの?

もしかしたらアナタは今、

「さんざん育毛剤で煽っておいて、結局リアップチャップアップダメってどういうことだーーー」

って思ってるかも知れませんね。でも解決策はあるのでご安心ください。まずはこのCMからご覧ください。

今となってはずいぶん懐かしいCMではありますが、大学生の皆さんも観たことあるでしょう。

「♪お医者さんに相談だ〜」

ってことです。市販の医薬品の育毛剤は種類が少ない。でも医薬品の育毛剤を使うと副作用が心配。だから専門家=お医者さんに相談するのが最も安全で効果の高い方法と言えます。

 

大学生諸君、ハゲは早めに駆逐すべし

管理人が直接、お医者さんに聞いた話では、AGAはとにかく早期治療が重要です。進行してからだと元に戻すのはかなり大変。正直、20代からAGAが進行している人が、30〜40代になってから治療してももう遅いよーって話になるみたい。

 

AGAは何科に行けばいい?

さてAGAもお医者さんにかかればいいってことはわかった。だけど何科に行けばいいのか?皮膚科っぽいけど・・・

正解はAGA専門クリニックに行ってください

実はAGAの治療はお医者さんにかかることは出来るけど、保険が効きません。普通のお医者さんは保険診療を基本に考えているので、AGA治療のような保険が効かない「自由診療」は得意じゃありません。皮膚科もAGAの治療はできないわけじゃないけど、専門じゃないので断られる可能性が高いです。なのでAGAスキンクリニックのような専門クリニックに行ってください。

「つまり病気」

AGAスキンクリニックの場合、無料でカウンセリングが受けられ、月々4,000円台からの治療があります。

もちろんAGAスキンクリニック以外にも、ガーデンクリニック東京メンズサポートクリニック AGA治療発毛専門クリニックなんていう、そのまんまの名前のクリニックもあります。なので気に入ったところに行っていただければいいのですが、AGAスキンクリニックは管理人がカウンセリングに行ったとき、とてもいい感じだったので、自信を持ってオススメできます。
参考:AGAスキンクリニックを予約する前に!本当の評判や実際にかかる費用などを紹介

 

というわけで、AGAにウジウジ悩むより、まずは無料カウンセリングに行ってみてください。好きな女の子や友人に薄毛がバレる前にね。

 

AGAスキンクリニックについて

 

AGA関連記事

 

体験エステのランキング


勧誘が優しいランキング
体験エステで気になるのは体験後の勧誘。最近は店の昔ほど激しい勧誘は無いけど、それでも差があるのでランキング形式に。


料金が安いランキング
体験エステ後のカウンセリングで提示された金額が安い順にランキング。


痩せるランキング
体験エステ後に「こりゃ痩せるな」と思ったエステのランキング。確実に痩せたい人に。


総合ランキング
管理人が体験エステに行き、総合的に判断したランキングです。

 

人気のコンテンツ


シックスパッドを使ってみた
クリスチャーノ・ロナウドも使ってる(?)EMSのシックスパッドを買って、使ってみました。

 


ひげ脱毛は結局どこがいい?
メンズエステか?はたまた医療系か?ひげ脱毛はどこがいい?検証してみました。

 

このページの先頭へ